iPhone 4S Black 16GB(MD235J/A)

更新:

2012年2月20日、今更だがiPhone 4S Black 16GBを買った。 iPod touch 第2世代 は持っているが、iPhoneを買ったのは初めてである。 キャリアはソフトバンクを選んだ。 単にパケット定額サービスの月額上限料金が他のキャリアより安いから選んだ。 プランは標準プライスプラン(パケットし放題 for スマートフォン)。 これはバリュープログラム(パケットし放題フラット)と上限額が同じなので標準プライスプランにした。

私の携帯電話は昔からドコモで、現在AndroidのスマートフォンXperia NX SO-02Dを使っている。 メインはSO-02Dなので、iPhone 4Sは主に自宅で使い、モバイルデータ通信をオフにしてWi-Fiで通信している。 そのためパケット定額の最低料金が安い「標準プライスプラン」を選んだ。

iPod touch 第2世代の液晶でも十分綺麗だと思ったが、iPhone 4Sはさらに綺麗だった。 表も裏も鏡のように綺麗でiPod touchより高級感がある。 私は正直iPod touchでも不満はなかったが、第2世代はiOS4.2.1までしかバージョンアップできないので、iOS5以降の新しい機能が試せない。 新しいiPod touch第4世代を買うことも考えたが、同じ機種を2台持つのはつまらないのでiPhone 4Sを買うことにした。

iPhone 4Sは概ね満足だが、不満はバッテリーの減りが早いこと。 スリープ状態で放置していても、どんどんバッテリー残量が減っていく。 2012年3月8日のiOS 5.1アップデート後、改善されたかと思ったが、あまり変わらなかった。

iPhone 4Sは紙の箱に入っている。

iPhone 4Sの箱

以下はiPhone 4S一式。 iPod touch 第2世代には付属していなかったコンセントで充電できるプラグが付属している。 ただ、私は市販のUSB ACアダプターで充電しているので充電プラグを使っていない。

iPhone 4S一式
iPhone 4S正面
iPhone 4S斜め横から見た液晶
iPhone 4S斜め下から見た液晶

背面が鏡のように美しい。 Model A1387と書かれている。

iPhone 4S背面

左がiPhone 4Sで、右がiPod touch 第2世代である。

iPhone 4S iPod touch 第2世代

写真

カメラは8メガピクセルの裏面照射型CMOSイメージセンサーを使用している。 F値は2.4と言われている。 写真サイズは2364×2448ピクセルである。

試し撮りしてみたが、スマホとしては綺麗だが、さすがにデジカメほどではなかった。 安いデジカメになら勝てるが、強力な手ブレ補正や良いセンサーがついたちょっと良い機種ほど撮りやすくはない。 ただ、明るい場所での撮影やブログにアップロードするような小さい写真であれば、デジカメとの差はあまり感じない。 F2.4とはいえ、暗い場所での撮影はISOが高くなりノイズが多くなる。 ISOは常に自動なので、意図的にISOを低くして撮影できない。

仕様
名称 iPhone 4S Black 16GB
型番 MD235J/A
プロセッサ Apple A5 800MHz、デュアルコア Cortex-A9 ベース、L2キャッシュ1MB
メインメモリ Mobile DDR2 SDRAM 512MB
フラッシュメモリ 16GB
バッテリー 内蔵充電式リチウムイオンポリマー二次電池 3.7V 1420mAh
ディスプレイ 3.5インチIPS型TFT液晶、960×640px(326ppi)
Wi-Fi IEEE 802.11b/g/n (nは2.4GHz)
Bluetooth Bluetooth 4.0
背面カメラ 8.0メガピクセル 裏面照射型CMOSイメージセンサー
動画 1080pフルHD 30fps
サイズ 115.2×58.6×9.3mm(4.5×2.31×0.37 in)
質量 140g
このエントリーをはてなブックマークに追加