iPhoneのアプリでメモリ不足の警告が表示されたらアプリを終了してメモリ解放する

更新:

iPhoneではホームボタンでアプリの画面を閉じてもアプリは終了しておらず、アプリを複数起動したままだとメモリ不足になる。 iPod touch、iPad など iOS はすべて同じである。 特にゲームはメモリを多く使う。 メモリ不足の場合、以下の手順でアプリを終了してメモリを解放する。

  1. ホーム画面が表示されている状態でホームボタンを2回連続で押すと、ホーム画面と起動中のアプリの縮小画面が表示される。
  2. 終了してもよいアプリの画面を画面の上へスワイプするとそのアプリの画面が消え、アプリが終了する。 2本以上の指でスワイプすると、複数のアプリを同時に終了できる。

アプリのプロセスやタスクを終了するなどと表現することもある。

iPhone アプリの終了、メモリの解放

以下はモンスターストライクで表示される画面である。 「セーフモードに移行します。メモリが不足している為、演出を抑えたモードに移行します。別アプリのタスクを切ることで通常モードへ移行します。」と表示されている。

モンスターストライク メモリ不足
このエントリーをはてなブックマークに追加