MacのHDDデータを完全に消去する方法

更新:

HDD内のデータはゴミ箱から消した場合、見えなくなっただけで完全には消えていない。 他人にデータを復元される恐れがあるので、Macを売るときや捨てるとき、念のため自分でデータを綺麗に消しておいた方が良い。 実はMacには標準で便利なユーティリティがあり、それを使えば簡単にHDDのデータが消せる。 以下手順を記す。

  1. Macの電源を入れ、起動音が鳴ったら[command]+[R]キーを押し続ける。 Appleのロゴが表示されたらキーを離して良い。
  2. 「OS X ユーティリティ」が表示されたら「ディスクユーティリティ」を選択して[続ける]ボタンをクリックする。
  3. 左のツリーに「内蔵」と「ディスクイメージ」があり、内蔵のHDDまたはSSDの型番の次にインデント表示されている起動ディスクのボリューム名(通常Macintosh HD)を選択し、ツールバーにある[消去]ボタンをクリックする。
  4. [セキュリティオプション]ボタンをクリックし、消去方法を選択し、[OK]ボタンをクリックする。 「最も速い」から「最も安全」までいくつか種類がある。 安全なものほどランダムデータなどの上書き回数が多いが、処理に時間がかかる。 3回くらいの消去が無難でそこそこ速い。
  5. 「フォーマット」は「OS X 拡張(ジャーナリング)」を選択する。 通常デフォルトで選択されている。
  6. [消去]ボタンをクリックすると消去開始。

消去後、メニューのりんごマークの[システム終了]で電源を切る。 Macを廃棄する場合は以上で終わり。 この状態で電源を入れて起動すると「OS X ユーティリティ」が起動する。

OS Xを再インストールする

Macを店に売る場合は店によるが、OS Xを再インストールしておくと無難かもしれない。 以下その手順を記す。

  1. まず、上述の手順でHDDのデータを消去してからMacを起動する。 またはデータ消去後「ディスクユーティリティ」ウィンドウを閉じ、「OS X ユーティリティ」の画面でそのまま作業を続けても良い。 HDDのデータを消さずにOS Xを再インストールする場合は、上述のように起動音が鳴ったら[command]+[R]キーを押し続ける。
  2. 「OS X ユーティリティ」が表示されたら「OS X を再インストール」を選択して[続ける]ボタンをクリックする。 Wi-Fiに接続していない場合は、Wi-Fiのパスワード入力が求められる。 Macで既にWi-Fiを利用し、パスワードを入力済みだと何もしなくてもインターネットにつながる。

あとは画面の指示に従って進めるとインストールできる。 途中でApple IDとパスワードの入力がある。 この方法は購入時のOS Xではなく、最後にインストールされたOS Xのバージョンが復元される。

再インストール後、「ようこそ」と書かれたセットアップ画面が表示される。 ここで電源ボタンを長押ししてシステム終了し、店に売るなどする。

試しにセットアップを始めると途中でWi-Fiの設定があるので、パスワードなどは消されている模様。 セットアップ後、Apple IDとパスワードも再入力が必要なので、これも一応消されているようだ。

Appleのサイト macOS をインストールする方法 - Apple サポートMac OS X:ディスク上のすべてのデータをゼロにする方法 - Apple サポート にも解説がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加