MacのDNSの設定

更新:

リンゴマークから「システム環境設定」→「ネットワーク」を選択し、左欄の AirMac、Ethernet など自分が使用するネットワークを選択する。

Wi-Fiの場合は以下のAirMacの設定を行う。

  1. 「詳細」ボタンを選択し、「DNS」タブを選択する。
  2. 「+」ボタンを選択し、DNSサーバのIPアドレスを入力する。 プライマリやセカンダリなどDNSサーバを複数設定する場合は、再度「+」ボタンを押してIPアドレスを入力する。 一覧の上にあるDNSサーバが優先される。 優先順位の変更は、IPアドレスの文字列をドラッグ&ドロップで上下に移動させるだけ。
  3. IPアドレス入力後、「OK」ボタンを選択する。 最初の画面に戻ったら「適用」ボタンを選択する。

Ethernetの場合は以下の設定を行う。

  1. 「DNSサーバ」の欄にIPアドレスを入力する。
  2. DNSサーバを複数設定したい場合は「詳細」ボタンを選択し、あとはAirMacの手順と同じ。

動作の確認

Finderの「アプリケーション」→「ユーティリティ」から「ターミナル」を起動する。 その後、ターミナルで以下のようにコマンドを打つ。

nslookup yahoo.co.jp

yahoo.co.jp はあくまで例で、存在するドメインなら何でも良い。 すると以下のように表示される(2行目以降省略)。

Server:     210.130.1.1

1行目の Server は nslookup で yahoo.co.jp というドメインを調べるために使われたDNSサーバのIPアドレスが表示される。 自分が設定したDNSサーバを使って通信していることを確認できる。

また、resolv.conf には DNSサーバの情報が書かれている。 ターミナルで以下のようにコマンドを打つ。

cat /etc/resolv.conf

すると以下のように表示される(一部省略)。

#
# Mac OS X Notice
#
nameserver 210.130.1.1
nameserver 210.130.0.1

nameserver が設定されているDNSサーバである。

このエントリーをはてなブックマークに追加