Mac版AtomとSublime Textの設定

更新:

Macでコードを書くためのテキストエディタはどれが良いのかいろいろ試した結果、私にはAtomまたはSublime Textが良さそうなので、それらの設定手順についてメモしておく。

Atom

設定は、メニューにて[Atom]→[Preferences(環境設定)]と進むと「Settings(設定)」が表示される。 「Show Invisibles(不可視文字を表示)」をオンにすると、タブ、半角スペース、改行が見えるようになる。 「Tab Length(タブ幅)」でタブの長さを調節できる。 ※括弧内の表記は後述の日本語化パッケージをインストールした場合のメニュー名。

次に日本語化。 メニューにて[Atom]→[Preferences]と進み、左側のタブの「Install」を選択する。 検索ボックスに「japanese」と入力すると、japaneseに一致したパッケージが表示される。 「japanese-menu」というパッケージをインストールするとメニューや説明文が日本語で表示される。 インストールしたパッケージは、環境設定の「Packages」タブからパッケージごとにアンインストールや無効化(Disable)できる。

Sublime Text

まず、Package Control の設定。 Sublime Textのメニューにて[View]→[Show Console]を選択するか、[Control]+[`]キーでコンソールを表示する。 ウィンドウ下部に入力ボックスが表示されるので、そこに https://packagecontrol.io/installation のサイトにあるコードを貼り付けてEnterで実行する。 このコードはSublime Text 3用とSublime Text 2用があるので、必要なものをコピーする。 処理が終わったらSublime Textを再起動。

上述のPackage Controlをインストールする。 メニューの[Tools]→[Command Palette]を選択するか、[Command]+[Shift]+[P]でコマンドパレットを表示する。 テキストボックスに「package」と打ち込み検索すると「Package Control」がいくつか表示される。 「Package Control: Install Package」を選択後、インストールできるパッケージが表示される。 テキストボックスに「japan」と打ち込むと「Japanize」というパッケージ(sublimetext_japanize)が表示されるので、それをインストールする。 ただし、メニューの一部は日本語化されるが、英語のままのものもある(Sublime Text 3の場合)。 パッケージをアンインストールするには、前述の「Package Control」の「Package Control: Remove Package」を選択し、その後表示される不要なパッケージを選択する。 アンインストールせず「Package Control: Disable Package」で無効化することもでき、「Package Control: Enable Package」で再度有効化できる。

次にフォルダとサイドバーの設定を行う。 メニューの[File]→[Open]でフォルダも開ける(ウィンドウにフォルダをドロップしても開ける)。 メニューの[View]→[Side Bar]→[Show Side Bar]でサイドバーを表示すると、フォルダのツリーが表示される。 [Command]+[K]→[Command]+[B]でも表示・非表示を切り替えられる。 SideBarEnhancementsというパッケージをインスールすると、サイドバーのフォルダ内にあるファイルを右クリックしたときのコンテキストメニューを拡張できる(メニューが増える)。

このエントリーをはてなブックマークに追加