このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯メール(VMGファイル)をパソコンにバックアップする方法 - miniSD・microSDカードからOutlook Expressへ

作成:2005-10-25、更新:2011-12-19
携帯、スマホのメール(VMGファイル)をminiSD、microSD、microSDHCなどでパソコンにバックアップする方法。



携帯メールの保存・管理方法

  1. ケータイからminiSD、microSD、microSDHCへ
    ドコモの N901iS と F905i を例に説明する。
    まず、メールをSDカード(miniSD、microSD、microSDHCなど)に保存(転送・エクスポート)する。
  2. カードリーダー/ライター
    パソコンでSDカードの中身を見るには、SDカードを読み込める機械(カードリーダー/ライター)が必要。
    私は BSCR01U2MCR-C30H/U2 を使っている。
    パソコンによっては、最初からSDカードスロットがある場合もある。
    ただ SD, miniSD, microSD などそれぞれサイズ(外形寸法)が異なるので、SDカードの大きさに変換するアダプタが必要な場合がある。
    2011年現在、ケータイやスマホでよく使われるmicroSDやmicroSDHCは、最近のカードリーダーならアダプタなしで接続できる。
  3. カードリーダー/ライターで読み込み
    SDカードをパソコンで読み込むと、DCIM、PRIVATE、SD_BIND、SD_PIMなどのフォルダがある。
    メールは SD_PIM フォルダにある。
    メールは1通ずつ PIMxxxxx.VMG というファイル名になっている。
    xxxxxは数字の連番で、PIM00001.VMG、PIM00002.VMG、・・・のようになっている。
    auやソフトバンク、また機種ごとにメールが保存されているフォルダが異なるが、SDカードのフォルダ内を探せば分かると思う。
  4. メールの閲覧
    VMGファイルをメモ帳などのテキストエディタで開くとメールヘッダとメール本文を見ることができる。
    通常、絵文字は中黒「・」で表示される。
    絵文字を表示したい場合は、 i絵文字 というのをドコモのサイトからダウンロードし、インストールする。
    auやソフトバンクの絵文字を表示するツールはない。
  5. Windows Live メール や Outlook Express で閲覧
    テキストエディタでVMGファイルを見ると、メールのヘッダ情報など本文以外の情報も表示される。
    これを見やすくしたり、整理しやすくするには、パソコンの普通のメールソフト(メーラー)を使う。
    例えばWindows Live メールやOutlook Expressを使っている場合、まず PIMxxxxx.VMG の拡張子を PIMxxxxx.eml に変更する。
    拡張子変更後、ファイルをダブルクリックするとメールを閲覧できる。
    また、そのファイルをWindows Live メールやOutlookのウィンドウにドロップすると、メールソフトでメールを見られる。
    Windows Live メールの場合は、クイック分類のフォルダではなく、各アカウントの受信トレイや保存フォルダなどにドロップする。
    フォルダを作って仕分けすると管理しやすい。
    Windows Live メールやOutlook以外のメールソフトを使う場合は、VMGを自分のメールソフトに対応した拡張子に変更すればよい。