このエントリーをはてなブックマークに追加

svchost.exe CPU使用率100% - Windows XPアップデート・ウイルス感染

作成:2008-08-28
「svchost.exe CPU使用率100%」の対処方法。
対象OS : Windows XP



svchost.exe CPU使用率100%

パソコン(Windows XP)を起動後、しばらく経つとCPU使用率が100%になりアプリケーションの動作が重くなる現象が起こる場合があるようです。
その状態が5分~10分程度続き、その後CPU使用率が低下し正常に戻ります。
CPU使用率が100% になってしまう人は、以下を確認してみてください。
  1. Ctrl + Alt + Del でタスクマネージャを表示。
  2. 「パフォーマンス」タブを選択すると、「CPU使用率」が100%になっている。
  3. 「プロセス」タブを選択すると、「svchost.exe」というのがCPU使用率が高い。
  4. 「svchost.exe」はいくつかあり、その1つにWindows Updateのチェックが1つあるようです。
考えられる原因は、いくつかあります。

Microsoft Updateの不具合の場合

Updateには、Windows UpdateとMicrosoft Updateの2種類あります。
Windows Updateは、主にOSに関するUpdate。
Microsoft Updateは、主にMicrosoft Office製品に関するUpdate。
どうやらMicrosoft Updateというのが重くなる原因のようです。
  1. Windowsで「スタート」→「すべてのプログラム」を見ると、Windows UpdateとMicrosoft Updateの2つがある場合と、Windows Updateだけがある場合がある。
  2. Windows Updateしかない場合にWindows Updateを選択し、Windows UpdateのページにいくとMicrosoft Updateを勧められる。
    しかし、その表示がない場合がある。
    そこでページの左側にある「設定変更」をクリックする。
    するとページの下に「Microsoft Update の使用を停止する」という表示がある場合がある。
    その場合、「Microsoft Update ソフトウェアを無効にし、Windows Update のみを使用する」というのをチェックして「変更を今すぐ適用」を選択し、画面の指示にしたがって適用する。
    これでCPU使用率が100%にならないと思います。
  3. Windows UpdateとMicrosoft Updateの両方がある場合でも、上記「Microsoft Update の使用を停止する」というのをチェックし、無効化していない場合は、CPU使用率が100% になる場合があるようです。
    そのときも同様にMicrosoft Updateを無効化してみてください。
    ※Microsoft Updateを無効化してパッチが適用されないのが嫌な人は、定期的に有効化して、更新すると良いかもしれません。

ウイルスの場合

「svchost.exe」を装ったウイルスがあるようです。 ただし、タスクマネージャにてsvchost.exeのプロセスの「ユーザー名」が「SYSTEM」や「NETWORK SERVICE」などPCのログイン名以外ならウイルスではないようです。

原因不明の不具合の場合

  1. 一応Microsoftからsvchost.exeに関する修正パッチが出ています。
    http://support.microsoft.com/kb/932494/ja
  2. 927891を適用する。
    916089は、927891に含まれているので不要。
    ただし、Windows SP3を適用している場合などは、インストールする必要がないという警告が出るから不要。
  3. WSUS 3.0 クライアント プログラムを適用する。
    CPUのタイプに応じていくつか種類がある。
    通常は「x86 ベースの Windows」を適用。
    ただし、場合によっては何もインストールされない。その場合は特に問題ない。